ようこそ! ビジター様(ビジター)   ログイン
友達&メッセージを見る
メッセージ&会員一覧
オーナーの掲示板
近況報告
ホーム
ホーム

コミュニティ

お知らせ・談話室

トピックスのスライドショー毎日1枚、その日のトピックス写真を表示します。

(2018年04月15日)前日    (2018年04月16日)    翌日(2018年04月17日)

さらに40m大きかった…(仁徳天皇陵)

2018年04月16日

さらに40m大きかった…国内最大の大山古墳(仁徳天皇陵)

 世界遺産登録を目指している百舌鳥(もず)・古市古墳群(大阪府)にある国内最大の古墳、大山(だいせん)古墳(仁徳天皇陵、堺市堺区)の墳丘の全長が、従来考えられていた486メートルより約40メートル大きい525メートルとわかった。

 古墳を管理する宮内庁が、周濠(しゅうごう)の水中に隠れた墳丘全体を測量した結果、判明した。

 同庁が2016年12月~17年3月に音波探査を実施。墳丘裾(縁(へり))は三重の周濠のうち、最も内側の周濠(水深約3・5メートル)内にまで延びており、墳丘長は少なくとも525メートルになると確認された。これまでは地上部分のみの計測だった。

 墳丘裾は周濠に堆積(たいせき)したヘドロなどに埋もれ、さらに広がっている可能性もあるといい、同庁陵墓課は「築造当初の姿に近づけた。今後、墳丘裾を発掘調査で確認できれば、大きさを確定できる」としている。




引用元の記事はこちら(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180412-00050112-yom-ent)


トップページへ戻る

All rights reserved to Smatu-net Co., Ltd, powered by Alumnis(Smatu-net) ©2017